あなたのひざの危険度は? 1分でわかる簡単セルフチェック

変形性膝関節症の予防も治療も、
ひざの状態を知ることが第一歩。

よくある質問

  • 若くても変形性膝関節症になることはありますか?

    はい。早ければ20代で発症される方もいらっしゃいます。

  • 変形性膝関節症は治らないと聞きました。本当ですか?

    完治は難しいですが、症状を悪化させないために治療の継続は重要です。

  • ヒアルロン酸注射はずっと続けても大丈夫なのでしょうか?

    問題はありませんが、効果を実感できないなら他の方法を考えてみても良いかもしれません。

病院に行く前に知っておこう

変形性膝関節症の実態

2,500万人の日本人がすでに患っていると言われています。

特徴的な症状はひざの痛みですが、自覚症状がなくてもすでに患っていたり、高齢者だけとも限らず、これだけ多くの患者数が推定されるのです。

初期症状や原因を見る

治療法の種類と選び方

ひざの状態によって適した治療法が違ってきます。

内服薬や湿布、注射に手術。様々な治療がありますが、どの方法で行うかは変形性膝関節症の進行度を確認して、医師が適した方法を提案します。

診断方法や治療の種類

検査方法とわかること

レントゲン以外にもMRIや関節液検査があります。

整形外科の検査と言えばレントゲンを想像する方も多いかと思いますが、変形性膝関節症とは違う疾患の可能性もある場合は他の検査も行います。

各検査でわかること